二重整形を失敗しないための美容外科の選び方

レディ

理想の二重を手に入れる

目

最近では、比較的安い値段で自然な仕上がり二重まぶたにしてくれる二重整形を行ってくれる美容外科が増えたことにより、性別関係なく気軽に施術を受けることが出来ました。世の中には様々なタイプの一重や奥二重の人がいます。二重整形の中でまぶたが厚く、すっきりとした二重まぶたを作れない人や縫合していた糸が切れると元の一重に戻ってしまう人に向いているのは部分切開法となっています。行なう方法としては、まず局部麻酔をしてまぶたの表面に大体1~2センチ程度の部分的なメスを入れます。まぶたの厚みの部分や糸が切れる原因の箇所を処理して縫い合わせることで二重まぶたを作っていきます。その際の抜歯は術後の1週間後に行われることが多いでしょう。この部分切開法は小切開法とも呼ばれており、切開する部分が少しなのが特徴的と言えます。その結果、まぶたの腫れなどが収まる日数も短くなっており、施術時間も短い時間で行なえます。ですが、この部分切開法を施術するにあたって、非常に重要なのは内部処理になります。内部処理が正常に行えていないと、ちゃんとした二重を定着することは出来ません。この内部処理や美容外科や病院によって違いがあります。施術を行なう前は、この内部処理についてもしっかりと確認する問いでしょう。
また、全体的にまぶたが腫れぼったい人や幅が広い二重を求める場合は、全切開法をおすすめします。全切開法では、希望する二重の線にそってメスを入れていきます。切開部分の余計な組織や筋を切りながら行ないます。加えて、腫れぼったさや厚みが元となっている脂肪を取り除いた後に縫合し、二重を整形していきます。こちらも抜歯は上の部分切開法と同様に約1週間後に行われる場合がほとんどにあります。この全切開法は二重の線に沿ってメスを入れるため、くっきりとした二重を作りやすいです。また、施術の最中に脂肪も取り除いてくれるので、目元の厚みや腫れぼったさを同時に解消することが出来るのが魅力的でしょう。術後で完璧に腫れが引いたら、メイクなどを行なうと自然に仕上がりで二重を楽しむことが出来ます。もう、自然な二重を手に入れることが出来たら日ごろのメイクが楽しくなるでしょう。また、がっつりとアイメイクをしなくても二重の場合は、ナチュラルメイクでも綺麗に見せること出来ます。瞼が厚くて悩んでいる人は切開法で解決してみませんか。