二重整形を失敗しないための美容外科の選び方

レディ

埋没法のやり方

相談

綺麗な二重にするために、最近では二重整形を行なう人が増えており、一般的に行われています。二重整形の中でも特に人気を集めているのが、埋没法になっています。これは、まぶたに糸を直接埋め込んで二重のラインを形成する方法となっています。目を閉じているときに二重にならずに、目を開けるときに二重になります。目を開けるときに動いている筋肉と皮膚の裏側を糸で結ぶことで、筋肉の力で皮膚が引っ張られて二重が出来るという仕組みになっています。日本では、二重整形の約90%ほどがこの埋没法で行われていると言われています。それほど、ポピュラーな二重整形になっています。
この埋没法ですが、様々な特徴を持っています。まず、施術も大体10~20分ほどで終わってしまうので、施術後はすぐ帰宅することが出来ます。整形と聞くと大がかりなものをイメージしますが、埋没法は気軽に行えるのが魅力の1つでしょう。次に、埋没法を行なうと数日間は腫れてしまいますが、その腫れもすぐ落ち着いてきます。なので、施術を行なったと周りにわかりにくい傾向があります。また、二重のラインが完成するのが大体4週間後になります。その間などは、やり直しや修正が比較的簡単に行えるので、万が一糸が取れてしまったなどの問題が出ても、すぐに対応することが出来るでしょう。かかる費用も他の二重整形と比べると、リーズナブルな価格で行なうことが出来ます。
二重を作るための埋没法には向いている人と向いていない人がいると言われています。その違いを把握して、事前に自分は埋没法に向いているかなどを確認してみましょう。まず向いている人は、手軽にお得に二重にしたい人です。上にもあるとおりに施術も時間がかからずに、安く行えるのでそれで満足できる人は施術したほうが良いでしょう。次に施術後にお休みを取ることが難しい人です。施術後は大体回復期間が設けられており、その間は絶対安静が基本なのですが、社会人な場合は長期的なお休みを取ることはあまりできないと思います。そこで、すぐ腫れも落ち着く埋没法はおすすめとなっています。また、埋没法が向いていない人は皮膚のたるみが強くて、埋没法では理想の二重を作りにくい人になっています。人によっては、まぶたが厚くて腫れぼったい場合もあります。そんな場合だと埋没法では二重を作れないときもあるので、切開法などを試してみましょう。